なごみのセミリタイア日記

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

30歳過ぎてゲームが続かなくなった

私の趣味の1つがゲームなのだが、

クリアしたゲームが1つもない。

 

昔は熱中してやっていたのだが、

今は冷めた感じで淡々とやっている。

 

いつもクリア前にやめて次のゲームに目が移ってしまう。

飽き性なのか集中力がないのか分からない。

 

躁鬱病を発症してからこうなった。

 

今やってるゲームはイース8というソフトなのだが、

今回はクリアできるだろうか。

 

モンハンみたいでストーリーも凝っていてなかなか面白い。

少し前にモンハンXXを買ったのだが、作業感が半端でなくすぐにやめてしまった。

 

世間ではお盆休みが終わり動き出す時だが、私は相変わらず特に変わりはない。

 

バイトをばっくれた事で、社会に適応できない事を知って、今後はますます自宅兼作業場にこもる事が多くなるだろう。

 

ただ日中に横になっていると罪悪感を感じるので、こうやってブログを書いたり、

株式投資に力を入れたりしている。

 

 

 

 

 

 

お盆は引きこり

私は仕事をほぼリタイアしているので、

お盆も正月も、GWもあまり関係ないのだが、

今年のお盆に限っては完全な引きこもり状態に陥った。

 

大きな理由は、

バイトをばっくれた事による精神的打撃と自信喪失だ。

久しぶりに自己嫌悪に陥った。

 

自分はもう2度と社会に出て働く事はできないのか。とか、

30歳も過ぎてバイトをばっくれるなんてダメ人間だ。

負のスパイラルにはまった。

 

そもそもいい歳して生活できる収入もある程度確保できているのに

暇つぶしにバイトしようという考えが甘かった。

 

バイトでも一応仕事なので、そこには私の苦手な効率や

スピードが求められる。

 

それができなければ当然プレッシャーをかけられる。

となると、他の従業員からも白い目で見られる。

 

結局それで逃げ出した。

逃げるに値する会社だったのもまた事実ではあるが。

 

結果お盆に引きこもるという惨事に陥った訳だ。

 

明日からは気を引き締めて、また今後の方向性を決めていこうと思う。

 

 

メルカリをやってみた 〜転売ビジネス 感想編〜

ばっくれたバイト先でメルカリのコツをつかんだので、

とりあえず、自宅の不用品を処分する事にした。

 

6点くらい出品したのだが、

意外に売れない。

多分値段を少し高めに設定したからだと思うが。

徐々に下げていくつもりだ。

 

転売を副業に考えていたのだが、

これって送料と手数料引いたらほとんど利益でないじゃん。

しかも発送準備とかかなり面倒だ。

特に送料の計算を間違うと命取りだ。

本腰入れるなら楽はできないという事だな。

 

最近は購入者も賢くなっていて、

相場よりほんの少し高いだけで買わない。

 

転売が儲かるような事が書いてあるサイトが山ほどあるが、

これって本当に儲かるビジネスなのか疑問だ。

 

だってだいたい最後にはマニュアル売ります的なサイトに誘導

する。マニュアルが売れればそれは利益率は高いわな。

 

という事で転売ビジネスも副業としては無しな事を学んだ事だけでも

良しとしよう。

 

うーん、お金を稼ぐのって本当大変だ。

ばっくれバイトでは時給800円稼ぐのに

クソなみたいな思いをした。

 

節約意識がより強くなった瞬間だ。

バイト結局ばっくれた

今日バイト先に電話しようと思ったが、

途中で面倒になり、結局メールで

「バイトやめます」

とだけ送った。

 

あとは電話がかかってこようとシカトするのみ。

ようは伝わればそれでいい。

 

バックれはよくないと思うが、

それも相手と状況次第だと思う。

 

常に誠実でいる必要も真面目でいる必要もないと思っている。

これで私もS級バックラーに昇格だ。

 

今回の件で学んだ事は、

時給といえど労働者としてお金を稼ぐのは大変な事。

お金の大切さを知ったので、無駄な消費をしないように決めた。

そして、もう2度と働かない事。

働くくらいなら節約した方がまだいいと感じた。

このままセミリタイアで何とか模索していこうと決めた。

働かない事の後ろめたさみたいなものを感じて動いてみたが、

結局ロクな事にならなかったな。

 

 

2日でバイトを辞める経緯 最短記録

私のバイト先は社長1人にバイト3人くらいの個人事業だった。

作業としてはメルカリを使った、ガラクタ転売だ。

 

初日、基本的にPCがないと仕事ができないのだが、

私のPCがなく、する事がなく意味不明に座ってるだけという屈辱的な

時間を味わう。

この時点で不信感が募り、昼休憩で帰ろうと思うが思い留まる。

 

で、1人のバイトのおっさん(生理的に無理)に仕事内容を

口頭で教えられる。口が臭くて死にそうだった。

 

写真撮影に私の個人スマホを使ってくれと言われる。

ありえねーだろと思いつつとりあえずやってた。

 

2日目、

macwindowsを入れたPCを渡され作業してくれと言われる。

キーボードの勝手が違うので戸惑う。

帰り際、私の仕事は利益になっていないと言われる。

この時点で辞める事を決意。

普通の人ならここで踏ん張るのだろうが、

私は違う。

根性なしと言われようが、そんな事はどうでもいい。

 

明日、電話で辞める事を伝える予定だ。

 

2日でバイトを辞める

やっぱりセミリタイアしてからバイトはおすすめできない。

これだけは言っておく。

 

リタイアしたらリタイアに徹するべきだ。

面接の結果 〜ゆるく働きます〜

意外にもその場で採用された。

週3回 5時間 時給1100円 プラス売上の2%を出来高として

貰えるみたいだ。

しばらく働いてないので条件がいいのかどうかは分からない。

 

倉庫の中を区切って仕事場にしているのだが、

一緒に面接を受けた女性は保留したいという答えを出した。

多分辞退だろう。女性には厳しい環境だと思う。

 

ネットで不用品を販売する会社で規則もなにもなく

休憩も自由らしい。

ゆるいというより事業として成立できているのが不思議なくらいだ。

 

先方には私が賃貸経営の事業主である事は伝えている。

普通の会社組織ならこの時点でアウトだ。

 

会社としての雰囲気は、1人で黙々系の仕事だ。

人間関係が面倒な私にとっては、ありがたい。

バイト程度の仕事ならただの作業の方がいい。

 

少しワクワクするのが本音だ。

3年間ビタ一文も働いてないので、働きたくてうずうずしていたくらいだ。

 

生活がかかっているわけでもないので、気負いもない。

趣味だけの毎日、何も縛られる事のない日々を3年送ってきて感じた事は、

正直そんなに楽しいものではない。自分だけが時が止まっているような錯覚

に陥った事もある。

 

よくスモールビジネスをすればいいというが、

そんなものほとんど稼げない。

アフィリやクラウドソーシングくらいしか思いつかないし、

労力が確実に金に代わるものでもない。

 

明日から出勤なのだが、

どう転ぶか分からない、この感じがいいのだ。

 

仕事をリタイアすると明日もあさっても1年後も10年後も

同じなのではないかとさえ思ってしまう。

 

かといって今の日本では、長時間労働かバイトの両極端しかない。

そんな中、短時間で仕事ができるだけでもありがたい。