「不動産と株でセミリタイア生活」

地方で不動産賃貸で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

賃貸経営って何するの?

人と会った時によく聞かれる質問の1つだ。

自分で管理している人はいろいろやる事があると思う。

 

私の場合、管理会社と税理士に任せているので、

本当の答えは

「ほとんど何もしない」

修繕が必要になった時のために積み立てしておくくらいかな。

あと最低限の税務の知識と、収支管理くらいだろう。

 

しかし、世間体上一応は、

帳簿作りやら、管理会社とのやりとりやらと適当に言っている。

 

不動産投資がひと段落すると次は賃貸経営になる。

私の今の状況だ。

次々投資して所有物件を増やしていく人もいる

だろうが、私はそんなリスキーな事はしない。

 

よくネットで見かけるのは不動産投資の素晴らしさを語り

所有物件が多いです、収入が1億円突破などと語る人たちだ。

 

私が思うに、

そもそも素人に良い物件や土地が回ってくるわけがない。

そういうのは地主や業者ががっちり押さえている。

素人が紹介されるのはゴミ物件くらいだろう。

 

じゃあなぜ私が不動産投資したのかというと、

最初から立地条件の良い土地を所有していたからだ。

つまり投資する前から失敗しない事が分かっていたから

投資した。

おそらく収入の安定している人はこのパターンしか考えられない。

 

たしかに金利上昇リスクや、空室リスクはある。

しかし、立地が良ければ、

安定的な現金収入という大きなメリットがあるのだ。

 

自分も不動産で儲けたい、不動産投資してみたい、

と相談される事があるのだが、

 

「普通に働いた方いい」

 

としか言わない。

それが一番確実だからだ。

 

それができるなら私もそうしたかった。

 

通勤して働いて、アフターファイブでは、

上司の愚痴を言い合ったり。

会社ではムカつく奴やいい奴もいてそこには

様々なドラマがある。

 

本当はそんな普通がよかった。

 

しかし私は普通ではないので、

こんな極端な生き方しかできないのだ。

 

「はじめの一歩」

の一歩が接近戦でしか戦えないように、

私も自分のエリア以外では何も勝負できないのだ。