元ニート「株と不動産でリタイア生活」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

一度生活レベルを上げたら簡単に落とせない

私は毎月支出を帳簿につけて、支出を把握しているつもりなのだが、

1月から4月までで、単純に生活費を抜いた

小遣いのみで90万近く使っているとの試算が出た。

つまり1ヶ月22万程度の計算だ。

 

別に旅行に行ったり、飲みにいったり、キャバクラに

行ったりしてる訳でもないのに。

ブランド品にも興味はない。

服は毎日ジャージなのにもかかわらずだ。

 

妻子持ちサラリーマンの平均小遣いが、3~5万。

独身のサラリーマンの平均小遣いが5~10万。

 

これを大幅に上回っている事になる。

会社員でもない私にとってこれは非常事態だ。

 

原因はある程度分かっている。

時間に余裕があるからお金を使ってしまう。

 

会社員なら1日8時間以上はお金を使わない。

さらに欲しいものがあったら我慢せず買ってしまう癖がある事。

明らかに消費癖がある。

 

お金を使っているといえば高額なアップル関連の商品だ。

それにランチやカフェ代など馬鹿にならない。

 

これは投資においても明らかにマイナスの影響がある。

欲しい株があったら買ってしまう事にもなりかねない。

 

ウシジマくんが言っていた

「一度生活レベルを上げたら簡単に落とせない」

ってまさに自分の事だ。

 

5年前ほどは、カップラーメンやおにぎり1個でランチ

を済ませ、欲しい物はひたすら我慢、ガソリン代でさえ

ケチっていた反動が今でも続いている事がはっきり分かった。

 

株式投資を始めるにあたって

生活スタイルの見直しを考えざる得ない時期に差し掛かっている。