元ニート「株と不動産でリタイア生活」

地方で不動産賃貸で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

「お金はいつも正しい」からお金の勉強の必要性を学ぶ

筆者は誰もが知っている堀江貴文だが、

彼の生き方、考え方は人を惹きつける何か

があるのだろうか。

 

ある程度お金がある人なら、

だいたい同じような考え方になるから

特に目新しさは感じなかったが、

非常に研究熱心で勉強家である事はよく分かる。

 

 

何の後ろ盾のない所から会社を上場させただけの事はある

と思う。

 

悪者のイメージがあるが、本の中では意外にちゃんとしている。

 

金儲けの才能に関しては彼ほどの人いないだろうと思う。

それは常にビジネスの事を考えているからだろう。

 

何よりも誰にも遠慮せず

自分に正直に生きている所が気持ちいい。

 

そこがきっと

彼の本が売れる理由なのだろうと勝手に思う。

 

どうやらお金の勉強をする事で物事の本質が見えてくるみたいだ。

 

だからタイトルに「お金」というキーワードが入っているのだろう。