なごみのセミリタイア日記

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

日経新聞を読むのをやめてみて

リタイアしてから半年くらい日経新聞を読んでいた時期があった。

理由は株をするなら必須だろうという安易な考えからだ。

それに経済の事を知れるからという理由もあった。

 

読んで役に立ったかと言われれば、

はっきり言って微妙だ。

 

退屈な文章を読むのは苦痛だし、

何とかショックとか、政治がどうとか、日経平均がどうとか、

別に知らなくても実生活には困らない。

 

政治や経済に詳しいから株で儲かるわけでもない。

 

最終的に解約したのだが、

読まなくなったから何かが変わった訳でもない。

 

むしろ、新聞特有の退屈な文章から解放された気分になった。

金を払っている以上読まなきゃという意味不明のプレッシャーから解放された。

 

今、また株を始めようかと思っている所なのだが、

前に一度失敗している。

 

株って暇だと無駄に取引したくなる。

放っておけば一番いいのだが、

株価が気になって少し上がっただけで売ったりしていた。

 

たぶんまた同じような事になる気がする。

 

私には投資に対する明確な目標がないのだ。

 

老後の資金はすでに準備できているし、

何のために投資でお金を増やすのかが定まっていない。

 

この状態で暇だからまた株でも、と思っても火傷する事は目に見えている。

 

なぜ私が株にこだわっていたか自己分析してみると、

普段仕事をしていない後ろめたさから「仕事」もどきのような事

をしたいと思っていたからだと思う。

 

リタイアして時間ができると自分でもよく分からない事を

グルグルと考えてしまう。