なごみのセミリタイア日記

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

リタイア者の課題「お金」「孤独」「退屈」

今日は麻雀格闘倶楽部をしてきた。

やっと四段まで上がった。

 

200円で2時間近く遊べるから相変わらず

コスパがいい。

 

さて、今日はリタイア者の課題を書いていく。

 

まず、最初の課題は「お金」だ。

私の場合はお金に関しては今の所それほど心配していない。

しかし、セミリタイア者にとってお金は生命線である事は

重々分かっているつもりだ。

 

なぜ心配していないかというと、

賃貸経営による定期収入が毎月あるからだ。

これが生活する上での柱である。

 

それに私は自分名義の家に住んでいるので家賃は発生しない。

 

貯蓄切り崩し型のセミリタイアと違う所であり私の強みだ。

将来が保証されているわけではないが、

先の事が分からない以上保証されている人などいないと思う。

 

ここの課題はクリアしている。

 

次は「孤独」である。

 

リタイアして孤独になる人は多いと思うし、

この耐性がないとリタイアには向いていない。

 

幸い私の場合は、仕事をしていない友人が1人だけいる。

まぁどうしようもない男だが、退屈しのぎにはなる。

 

それに私は元々友人が少なく昔から1人遊びに慣れているというのも

あり孤独に対しての耐性は強い方だと思う。

 

結婚を諦めてから精神的に楽になった。

さらにリタイアした人の日記を読んだりして気を紛らわしたりしている。

 

最後に「退屈」である。

 

実はこれが一番やっかいだったりする。

仕事をリタイアすると最初は開放感があるが、

徐々に退屈になってくる。

恐らく誰もが通る道だろう。

 

孤独に強い私でも退屈対策にはいろいろ試行錯誤

を重ねてきた。

 

今はジム、読書、投資、などルーチンを作れているが、

それでも退屈だと感じる事は1日に何度もある。

 

まだまだ工夫する余地のある部分だ。

 

セミリタイアして数年経つとこの3つの問題と

付き合っていかなければならない。

 

こればかりは誰かが何かを教えてくれるわけではないので、

自分自身の問題だ。

 

当たり前の事で取り上げなかったが、

「健康」というのは基盤だ。

 

その上に全てが成り立っている事は忘れてはならない。