なごみのセミリタイア日記

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

面接の結果 〜ゆるく働きます〜

意外にもその場で採用された。

週3回 5時間 時給1100円 プラス売上の2%を出来高として

貰えるみたいだ。

しばらく働いてないので条件がいいのかどうかは分からない。

 

倉庫の中を区切って仕事場にしているのだが、

一緒に面接を受けた女性は保留したいという答えを出した。

多分辞退だろう。女性には厳しい環境だと思う。

 

ネットで不用品を販売する会社で規則もなにもなく

休憩も自由らしい。

ゆるいというより事業として成立できているのが不思議なくらいだ。

 

先方には私が賃貸経営の事業主である事は伝えている。

普通の会社組織ならこの時点でアウトだ。

 

会社としての雰囲気は、1人で黙々系の仕事だ。

人間関係が面倒な私にとっては、ありがたい。

バイト程度の仕事ならただの作業の方がいい。

 

少しワクワクするのが本音だ。

3年間ビタ一文も働いてないので、働きたくてうずうずしていたくらいだ。

 

生活がかかっているわけでもないので、気負いもない。

趣味だけの毎日、何も縛られる事のない日々を3年送ってきて感じた事は、

正直そんなに楽しいものではない。自分だけが時が止まっているような錯覚

に陥った事もある。

 

よくスモールビジネスをすればいいというが、

そんなものほとんど稼げない。

アフィリやクラウドソーシングくらいしか思いつかないし、

労力が確実に金に代わるものでもない。

 

明日から出勤なのだが、

どう転ぶか分からない、この感じがいいのだ。

 

仕事をリタイアすると明日もあさっても1年後も10年後も

同じなのではないかとさえ思ってしまう。

 

かといって今の日本では、長時間労働かバイトの両極端しかない。

そんな中、短時間で仕事ができるだけでもありがたい。